娘の十三参りと初競書会

雪の日の朝、
娘の十三参りに
高い山の上にあるお寺に参ってきました。
そういえば昨年の夏にも訪れています。そのときのブログはこちら

c0211283_0262757.jpg


十三参りなるものは聞いたことはあったのですが、
どういうものかも知りませんでした。
数えで13歳なら娘は去年のはずなのかな(^_^;)

かなりの山道をくねくね上り、やっと着いた
駐車場から約1kmの急な坂道を登って行きます。
もちろん帰りは下ります。
知り合いやお友達にも何人かお会いしたり。

家族みんなで参ることができました。感謝。
息子は走って登って行きました。元気だなぁ~。

自宅のあたりでは雪は早朝だけでやんでいたのに、
山の上は雪がずっと降っていましたが、
行くことができてよかったデス。

子どもの健やかな成長を見守っていただける気がします。

中学校の制服を購入しました。
(おじいちゃんが買ってくれました♪)
大きくなったなぁとしみじみ。

娘は、卒業間近の今、
小学校が楽しくて仕方ないようです。
私も6年生の時、そうだったなぁと思い出しました。
残り少ない時間を楽しく過ごして欲しいな。

それから、先日、
書道の競書会に始めて参加させていただきました。
親は会場内には入ることができないので、
近くの図書館で息子と一緒に待っていました。
いい経験をさせていただいて有難いです。
中学校になっても続けると言っていて嬉しい。
私は部活が忙しくなるからやめます。
と親にも相談せずにやめてしまったのを思い出しました(^_^;)

さてさて、
いろーんな諸々が忙しくなってきました。
ひとつずつ、丁寧にこなしていきますヽ(*´∀`)ノ

**********
ちなみに、
十三参り(じゅうさんまいり)は、
旧暦の3月13日(現在では月遅れで新暦の4月13日)の間、
男女とも数え年13歳の身祝いで、
子供の多福、開運を祈って、古くから各地にてさまざまな形で行なわれる。
特に京都嵯峨における虚空蔵菩薩への4月13日の「十三参り」は有名である。
これに因み別名、知恵詣りまたは智恵もらいとも云う。
七五三ほど全国的に一般的ではない。  
    ・十三参り「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」




***********************

読んでくださってありがとうございます。

↓よかったらポチっとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

***********************
[PR]
by cafemellowplus | 2013-02-25 00:57 | 私と家族のこと